樹木医みずほの新元号とウメ

元号が新しくなりました。令和。

万葉集からの出典で梅の花を愛でる歌とか
私もウメは大好きです
和書からの登用という事で話題になってますが、私はウメ自体が中国からの渡来ですからむしろ国際的な印象を持ちました
当時は中国文化が最先端として重用されていたわけですから、それを現代に当てはめればさらにグローバルな時代を迎える、そんな開かれた意味がある気がします
ウメは舶来の文化の象徴だった訳です

56236084_2170793526338750_1878532838874152960_n

 

 

 

 

 

 

 

 

桜切るバカ梅切らぬバカ、と言われているように梅は花を咲かせるには毎年の剪定が必要です?
打たれ強く美しい樹木で食べても美味しい??
令和の時代は、そんなウメの由来のように柔軟で世界と繋がる時代になりそうでね
最高ですね

関連記事

  1. 樹木医の三種の神器(2017年12月)

  2. フジの樹勢回復。樹木治療成功例(2018年4月)

  3. (株)木風の社内IT講習会を行いました(2018年4月)

  4. 【指定管理業務】さきたま緑道で草木染イベントを行いました(2…

  5. 果樹の多いお客様のお庭のお手入れをしました(2018年8月)…

  6. 人間学を学ぶ月刊誌『致知』に樹木医後藤瑞穂のインタビューが掲…

PAGE TOP