風では樹木医の知識と技術を活かして、安全で快適な資産価値の高い緑地の創造をご提供いたします。生物多様性度が高く美しい景観は資産価値を高め、私たちを豊かにしてくれます。1本の樹木から森、都市の緑景観づくりも樹木医の大事な仕事です。木風では調査から設計施工管理まできめ細やかにトータルで対応しております。

公園管理

木風は『埼玉県営さきたま緑道・花の里緑道』指定管理者です

[さきたま緑道について]

JR北鴻巣駅前の鴻巣市赤見台近隣公園から、武蔵野水路に沿って、さきたま古墳公園に至る延長4.5km、幅員25mの遊歩道と自動車道のある緑道です。

安全で快適な、花と緑の溢れる雰囲気の中で、いにしえの緑の道として整備され、昭和58年に4月に一部開通、以後徐々に拡張し、平成元年11月に全面が開通されました。平成元年に開催された「第4回国民文化祭さいたま89」にともない制作された「さきたま」の地にふさわしい彫刻50点が展示されています。近年では、クビアカツヤカミキリの脅威にされされておりますが、当公園ではしっかりとした防除を行っております。当公園では樹木医の知識と技術を活かした樹木の安全管理と、木風のイベント運営ノウハウを活用した企画を多数実施。多くのお客様に楽しんでいただいております。

指定管理者JV「さきたま彩花道の会」三島造園有限会社内 
電話:048-556-6653
ホームページ https://sakitama-hananosato-greenroad.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/hanasakitama

森林調査・整備・管理

『鎌倉カフェテラス樹ガーデン』神奈川県鎌倉市常磐917
ホームページ http://itsuki-garden.com/

木風は、鎌倉の源氏山ハイキングコースの脇にある鎌倉カフェテラス樹ガーデンの森林環境調査、診断、整備「景観アッププロジェクト」を2011年から受託して行っています。 鎌倉の自然を保護しながら、森林カフェの景観を作っていきます。鎌倉の古都保存地域にもかかわる場所の為、十分な配慮と確かな専門知識で高度な管理を行っています。近年ではカシノナガキクイムシによるナラ枯れ被害が猛威を振るっておりますが、当施設では樹木医として専門的な防除を行い商業施設として重要な森林景観の保護と自然との共生を実現しています。
木風の資産価値を高める森林整備によって、来客数は7倍、売り上げは6倍になりました。今年度においては新型コロナウィルスの影響がありながらも三密を避ける施設として高い人気を博し、経済効果の高い整備を実現しています。

防除の経緯と詳細は「2020山林3月号」に掲載されていますので、ご希望の方はバックナンバーをご購入下さい。

景観・造園設計施工

木風では、日本の植生と風土に合った植物を中心に考えられ、風土や歴史性も鑑み、かつ樹木医としての視点を加えた独自のデザイン『木風様式』をご提案しています。さらに園芸品種も適宜バランスよく自然風のデザインに織り交ぜて、長く愛着の持てる木風のデザインを生み出します。個人のお客様から集合住宅、公共施設まで幅広い層にご好評いただいております。

事例紹介

[さいたま市S様邸]

既存の敷地の大木を活かし、総合的なランドスケープデザインを駆使し、まるで森の中を散策するようなお庭をご提案。エントランスはアカマツ林でモダン和風を表現。樹木医だからこそ既存の樹林の調査で活かせる樹木を抽出が可能です。

[都内学校緑地]

・既存の樹木の危険度診断を行い、安全で美しい景観づくりを実現。学校の方針を表現するデザインと管理がしやすい植物で構成しています。
・学校のグラウンドの砂の飛散を抑止するための防風砂林の設計施工。無機質なネットだけでなく、樹木を活かすことでお子様の情操教育にも役立ちます。
詳細はこちら

[横浜市内集合住宅]

厳しい条件の敷地を最大限に生かした緑地のデザイン。集合住宅の建物デザインやコンセプトを活かす植栽計画を実現。
詳細はこちら

[都内ビル内屋上緑化)]

『麻布台日ノ樹ビル:メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン2F』東京都港区麻布台施工:2012/06

パリで大人気のベーカリーカフェの二階にある坪庭。 和の良さを活かしつつ軽やかな印象になるよう、砂岩やイタリア班岩の明るい色の石張りにしました。 お客様のラッキーナンバーと同じ11個の景石は琉球石。水鉢は織部焼きの特注でオリジナルデザイン。 同じく、ビルオーナーのお客様のラッキーアイテム四つ葉のクローバーをモチーフにしています。 つくばいは表千家の仕様です。 屋上庭園のため、管理を考慮し、苔の変わりにクラピアを使用。モミジとサラサドウダンが雑木の趣を醸し出す新感覚の坪庭です。

樹林調査

分譲宅地のテーダマツ並木を活かした景観整備

『つくば市研究学園の戸建・宅地』つくばエクスプレス「研究学園」駅より徒歩23分

UR都市機構所有の土地を宅地分譲するにあたって、その土地に生育していたアメリカ産のテーダマツの並木を地域資源として保全活用するための調査と整備を行いました。
テーダマツが生育する箇所はつくば市の公園として管理される為、保全の為の健全度調査と整備、管理マニュアルの作成を行いました。
テーダマツは1本1本外観診断と内部の腐朽が懸念される樹木についてはピカス音波測定器による精密診断を行いました。高所作業車に乗り、実際に不要な枝をマーキングして剪定し、きめ細やかな整備を行ってます。外国産の高木でも安心して管理できる指針、マニュアル作りで、他にはない高級感のある分譲宅地ができました。

つくば市の低炭素街区第1号に選ばれるなど、環境に配慮した街並みは街の資産でもあります。

木風では樹木に価値を持たせ、経済効果の高い景観創りを実現させます。

詳細はこちら

H28青戸第一他  1団地屋外環境整備サクラ現況調査及び更新計画

この現況調査及び更新計画は、青戸第1他1団地屋外環境に生育するサクラ類に際して、改修工事に伴い今後も良好な維持とサクラ並木空間の更新が良好に行われるよう、都市再生機構の事業を受託して木風でピカス診断を活用し行いました。樹勢回復には当社特許開発のブレスパイプも使用されています。詳細はこちらから

その他景観例

・マンション緑地管理『多摩川テラス』 東京都世田谷区 施工:2013.9~現在(3年計画) 詳細はこちら

・『山香町シンボルパーク』大分県速見郡山香町役場 設計施工管理

新築庁舎前のシンボルパーク。南側には展望公園があり上空からの眺めも楽しめます。 子供たちが遊んでも楽しめるように、石の配置を一つ一つ丁寧に設置。遊んでも、眺めても、楽しめるデザインを心がけました。 サークルの部分は、自然に草花が生えるように野面積みにして、農業と自然が豊かな町の景観の特徴を出したデザインです。

今では、企業の緑地や個人の住宅にも生物多様性のJHEP認証制度やcasbeeを活用し不動産価値を高める手法が取り入れられています。

当社ではその認証を取るためのお手伝いをいたします。生物の調査から設計施工管理までトータルでご対応できます。

個人のお宅のお庭から都心のオフィス周り、工場緑地、学校緑地、ゴルフ場も里山ゴルフ場にすることができます。
さらに山林の活用についてもご相談を承ります。フォレストセラピーや樹木葬など、森林との共存ビジネスのコンサルティングも可能です。

樹木や緑地が価値ある資産となるこれからの時代に、是非、木風の技術がお役に立てます。どうぞお気軽にご相談ください。

最近では、むやみな強剪定がなされ、樹形が崩れている剪定が横行しています。価格が安い代わりに美的にも、樹勢も弱らせる低品質の剪定が増えていて、せっかくのお庭がボロボロになっているケースが多く見られます。
ボロボロになれば見た目も悪くなることも当然のこと虫の被害も起きやすく、樹勢が弱りやれてしまいます。
お庭はお施主様の大事な資産です。私たちはその資産価値を最大限に、いえ、以前より増すようにお手入れいたします。

ワンランク上の景観づくりをご希望の方、どうぞご相談ください。

以下のフォームからお問合せいただけます!

PAGE TOP