鳥からの思わぬお土産(^^)/

本日は、都内某所で、樹高15m以上、枝張り10mを超える大木の精密調査のアシスタントをしてきました。樹種はムクノキ。人が食べてもそれなりに美味しい木の実は鳥にも大人気!
調査中もドハト、ヒヨドリなどが実をついばんでいました。

だいたい樹下で作業をしていたのですが、帰りにヘルメットを見たら思わぬお土産が。。。Shit!!

鳥は飛ぶために体を軽くしたいから、食べたらわりとすぐ排出するそうで、サクラの実を食べたヒヨドリがタネを運ぶ距離は平均おおよそ300m程度だったという研究もあるとか。
まさに!!と思う経験でした。

これまでみたムクノキは、おおよそ樹下に実生がいっぱいでした。せっかく自分の子孫を広げようと美味しい実を作っているムクノキ、残念すぎる。

鳥のリクツもわかるけど、もう少し、せめて近くの緑地まで頑張ってほしいものだ、いや、鳥からすると隣の緑地が遠くて我慢できず、ここでしちゃえって思ったのかも、など想像しながら帰路につきました。

幸いヘルメットは洗えばきれい。服は無事でよかったです。

by  安達

関連記事

  1. 奄美大島、加計呂麻島のデイゴ並木の治療作業を再開

  2. 【フジの治療】当社で治療中のフジの花芽が膨らんで来ました(2…

  3. 昭島市の商業施設にて樹木診断をしました

  4. 帝京大学付属病院のサクラの治療後

  5. 樹木の生理生態・ストレス調査(2018年8月)

  6. 樹木医の新しい勉強法「プチまな」で隙間時間を有効活用!(スタ…

PAGE TOP