成田国際空港の緩衝樹林帯の調査

当社の理事を務める、技術士石川と共に、成田国際空港管轄の周辺緩衝樹林帯の現況調査を行いました。そばで飛行機が離着陸する騒音の中、大声を出しながら、会話する現場です。樹木の立つ位置を図面に正確プロットし、高さ・幹周・枝張り、状態などを今後の管理に必要な事項を記録していきました。

今回の対象木は約130本ほど。日の入りが早い今の時期は、時間との闘いになりました。

関連記事

  1. 神奈川県湯河原市にてタブノキの樹木治療を行いました(個人邸・…

  2. 【株式会社木風の樹木医受験講座】

  3. 「TOKYO働き方改革宣言」の認定をいただきました!

  4. 諸鈍デイゴ並木樹勢回復事業の作業が開始!!!

  5. 加計呂麻島のデイゴ公開腐朽診断&説明の開催のお知らせ

  6. さいたま市の小学校、トチノキのピカス診断

PAGE TOP