建物に隣接した倒木危険樹木サワラ等の伐採

非常に密植したエリア内で、隣の生育旺盛な樹木に被圧され、倒木危険があった樹木を数本伐採しました。当社では伐採の前には、樹木にお礼を言い、また作業の安全を願って、塩とお酒をまいてから作業に入ります。

今回、特に建物から近い位置にありましたので、一層気を引き締めて作業しました。

伐採後、驚いたことに、外見からは全く分かりませんが、幹の中心部がみなぽっかりと穴が開いています…。生理的には元気なように見えても、物理的にこのような空洞があると樹木は自分の重さを支えきれず、自然に、あるいは例えば強風や積雪などをきっかけに倒れてしまいます。このような危険な状態の判断は、樹木医という専門家でないと判断は難しいと改めて自覚させられた一件でした。

 

スタッフ片岡

IMG_7667 IMG_7668 IMG_7669 IMG_7678 IMG_7662

関連記事

  1. 【樹木治療】ブレスパイプで土壌改良

  2. 水道工事に伴う街路樹の影響を診断しました

  3. 鎌倉樹ガーデンでの森林整備計画

  4. イチョウの樹木治療の準備と下見をしてきました😊…

  5. 神奈川県湯河原市にてタブノキの樹木治療を行いました(個人邸・…

  6. 成田国際空港の緩衝樹林帯の調査

PAGE TOP