大泉学園にて、水道工事に伴う街路樹の診断調査を行いました(2018年8月)

スタッフの片岡です。

大泉学園にて、水道管の取替改修工事に伴う土壌掘削のため、街路樹の樹勢・危険度に関する診断・影響評価を行いました。
高さ20mになる高木の太い根を伐らなければならない工事になり、慎重な指示と対応が求められます。

掘削可能箇所の確認、今後の樹勢についての影響評価(危険度診断)、土壌調査、根系調査、切断根の対応アドバイス、樹勢回復措置、剪定に関するアドバイス等をさせて頂きました。

IMG_8538

樹木医立会のもと、掘削箇所を確認し重機を用いて、試掘していきます。
太い根は極力残し、切断しなければいけない場合は、良く研いだ鋭利な刃物で切断します。

IMG_8537

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切り口断面にはすぐに殺菌剤を塗布します。

IMG_8536

土壌調査・根系調査をしていきます。

IMG_8545

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その場で「速報」を作成します。
後ほど帰ってから、スケッチの仕上げを行い、報告書を作成・提出いたしました。

IMG_8546

大変暑い日でしたが、街路樹が安全に美しく管理できるように、私達も一生懸命頑張っていこうと思います。

いつも大変お世話になっておりますT部長、
よりよい街路樹管理に丁寧に向き合って下さったN専務、K様、
報告書のアドバイス含め終始細かい点に気遣って頂いたK担当、
関係者の皆さま、最後まで誠にありがとうございました。

IMG_8532

株式会社木風 片岡日出美

関連記事

  1. 都内の小学校シンボルツリーのクスノキ樹木治療をしました!

  2. つくば市のマツ並木

  3. 果樹の新規植栽をしました(2018年1月)

  4. GWイベント「さきたま緑道主催のツリークライミング」

  5. さいたま市の国道沿い街路樹ケヤキの樹木診断をスタート

  6. 帝京大学医学部附属溝口病院のソメイヨシノ

PAGE TOP