善光寺坂のご神木ムクノキは驚きの診断結果でした

驚いたことに腐朽率は75%と稀に見る著しい腐朽状態でした。現状では非常に危険な状態です。しかしながら、保護樹木にも指定され、ご神木でもあるため、社会的価値や地域住民の愛着の面から、保存する意義のある樹木で慎重な対応が求められます。通常、腐朽率45%以上の街路樹の場合は伐採として検討されますが、ここでは厳重な支柱がされており、また周囲の環境が比較的恵まれているため、診断報告書を踏まえたうえで関係者によって十分協議されることを望みます。

スタッフ片岡

  

関連記事

  1. 境界に隣接する高木ケヤキの剪定をおこないました

  2. フジの樹勢回復。樹木治療成功例(2018年4月)

  3. 【樹木医みずほの菌根菌治療】

  4. 筑波山山麓のケヤキの樹木精密診断(ピカス)を行いました&#x…

  5. 【景観のお仕事】古都鎌倉、樹ガーデンの樹林地で毎木調査をして…

  6. もち病が発生、消毒を行いました

PAGE TOP