京都のお屋敷のクスベニヒラタカスミカメの防除の結果、かなり元気になりました!

2017年の11月に、京都のお屋敷のクスノキ5本が弱っているとのことで診断を行い、クスベニヒタラカスミカメの被害であることがわかり治療しました。
そして、かなり元気になったと報告をもらいました!

【お屋敷の全景写真 】

BEFORE(2017年11月)
AFTER(2018年12月)

【玄関付近】

BEFORE(2017年11月)
AFTER(2018年12月)

【クスベニヒタラカスミカメによる葉の食害】

クスベニヒタラカスミカメ
クスベニヒタラカスミカメによる葉の食害

始めは何の被害かわからず困っていたそうですが、私が訪れた際に害虫そのものを見つけ、直接に被害を特定。

さらにクスノキは斜面を削った土地に大木のまま移植されており、30年ほどが経過しているところから、土壌の問題も大きいと考え土壌改良も行いました。
ブレスパイプを設置して、通気透水性を高めます。土壌灌注による液肥の灌注も重要です。
虫は、樹幹注入が効果的とは言われていましたが、それ以前に土壌の問題があり樹勢衰退していたのでまずはそれを改善するところから始めました。
治療の様子はこちらの動画をどうぞご覧ください。

関連記事

  1. 座間市谷戸山公園にて植生調査の打ち合わせ

  2. 東京都町田市の日本庭園のお手入れ(2018年5月)

  3. つくば市のこどもの森保育園で、樹木の間伐&剪定&#…

  4. 【樹木医みずほの講演会のお知らせ】 11月17日 全国緑の少…

  5. 筒形土壌改良資材「ブレスパイプの効果の検証」を行いました(2…

  6. 奄美大島、加計呂麻島諸鈍デイゴプロジェクト 第二工程スター…

樹木医受験応援講座、早割実施中!

木風Facebookページ

PAGE TOP