デイゴの病気の原因

一昨日から奄美大島・瀬戸内町です❣️ちゃんとPCR検査とワクチン済ませて来ています💖

今回は共同研究の契約を頂いている神戸大学の黒田先生と琉球大学の亀山先生もご一緒です。

デイゴの被害は長年デイゴヒメコバチとされてきたのですが、最新の調査で養菌性キクイムシによる樹勢衰退が原因とわかったため防除方法を転換していく予定です。

暑い中お越しいただきありがとうございます😊

昨日は更なる病原菌のサンプル集めや農家の状態も視察しました❣️合わせてエコツーリズムの可能性も探るためにマングローブも確認🌟亀山先生直々の講義をもらって贅沢な視察となりました😆

先生曰く加計呂麻島のマングローブ林は他にない素晴らしさがある‼️可愛い

のとこと😍

オヒルギ、メヒルギもちょうど花開いていました✨自然の神秘的なメカニズムに感動です💖これからも先生方のご協力を得て、新しい知見をもとに更にデイゴを元気にしていきたいと思います💪

関連記事

  1. 筒形土壌改良資材「ブレスパイプの効果の検証」を行いました(2…

  2. 株式会社木風の新企画💘

  3. 【景観のお仕事】古都鎌倉、樹ガーデンの樹林地で毎木調査をして…

  4. 福島県塙町天然記念物サクラ治療スタート!

  5. 世田谷区のマンションの植栽のお手入れ(3月)

  6. 移植した樹木の寒さ対策に「こも巻き」と「消毒」をしました

PAGE TOP