『ちば・里山バイオマス協議会』で講演しました

【樹木医みずほの講演会】
昨日は『ちば・里山バイオマス協議会』様の総会にお呼ばれしまして「樹木医から見る里山保全とバイオマス活用の課題」と題しまして活用事例をお話しいたしました。

樹木治療の現場では竹炭や竹粉は大変有用な治療素材として活躍しています。

私の現場でも大変効果が出でいますよ?
この協議会さんとのご縁でブレスパイプの製品化も実現しました。
ブレスパイプを使うと日本の里山バイオマスを使用しますから、樹も元気になるし、里山保全にもなるという素晴らしい循環を生みます。

竹は日本が北限で、東南アジアなど熱帯地域に広く分布しています。
ブレスパイプの原料を現地で生産できれば、途上国の産業を作り、雇用を生み出し、子供達も学校に行けるようになるなど、幸せの循環が生み出されるのでないかと思います。

さらにこれから生分解性にも発展させればノウハウ海外への輸出も可能になってきますね!
樹木の力で世界を豊かに、美しく、平和にする事に貢献できるのです!

頑張りまーす!
19510405_1375308032553974_167480898070205911_n 19400118_1375308075887303_8082940242745300740_n 19396973_1375308102553967_1663026031270307549_n

関連記事

  1. 川崎の保育園のフジノキの剪定を行いました(2018年3月)

  2. エコプロダクツ2017に参加しました(2018年12月)

  3. 石井邸のフジノキ樹木治療☆雑誌「ゆうゆう」に載りました!

  4. 【樹木医みずほの材料検査・後編】

  5. 片岡:【指定管理業務】埼玉県行田市、テクノホルティ園芸専門学…

  6. 加計呂麻島でデイゴ並木のピカス診断を行いました③(2018年…

PAGE TOP