街路樹の管理

 何度でも声を大にして言いたいのですが、さきたま緑道は木々が大きく伸び伸びとして、とても良い緑道です。

 しかし残念ながら、ほとんどの街路樹(都内、地方問わず)は、ぶつ切りにされ、まるで電柱のようになっているものも多くあります。

 公園の樹木もしかり。駅前ロータリーの広い空間の樹木でさえ、無残に枝をカットされています。

 もっと樹幹の大きな樹木がアスファルトジャングルにあったなら、夏の暑さがどれだけやわらぐことでしょう。また、表参道のケヤキ並木、明治神宮のイチョウ並木など、樹幹の大きな街路樹はそれだけで見事な景観を作り出します。

 アメリカ、ドイツ、フランスでは樹幹を大きくするような街路樹管理をしているそうです。日本もそうなってほしい、いや、そうしなければ、海外からの観光客に恥ずかしい、と切に思うのです。

 この本、おすすめです。

関連記事

  1. 【NHK取材】街路樹診断の様子を取材していただきました。(2…

  2. 【樹木医みずほの日本橋三越本店イメージムービー出演??】

  3. 【景観のお仕事】古都鎌倉、樹ガーデンの樹林地で毎木調査をして…

  4. 埼玉県のS様邸の造園工事の進捗

  5. 埼玉県営「さきたま緑道・花の里緑道」で防災訓練&緊急時対応の…

  6. 講演のお知らせです❣️ 

PAGE TOP