移植した樹木の寒さ対策に「こも巻き」と「消毒」をしました

冬至の長く伸びた寒影に、一層寒さがつのります。 今日は川崎市内の保育施設に移植したスダジイに、こも巻きと消毒をしました。移植の際、細い住宅街を通過させるために、かなり小さく剪定してから運ばざるを得なかったために、かなり体力を消耗していたこのスダジイ。弱っているところに虫やダニなどが集まります。今はもう冬本番に入りますので、そこまで心配はいりませんが、念のために、こも巻きと消毒をしました。

スタッフ片岡

関連記事

  1. 石井邸のフジノキ樹木治療☆雑誌「ゆうゆう」に載りました!

  2. さいたま市H様邸のフジのお手入れ

  3. 長野県戸隠神社の樹木診断・治療研修(2018年4月)

  4. 加計呂麻島のデイゴ公開腐朽診断&説明の開催のお知らせ

  5. 樹木医みずほの北海道出張

  6. S邸樹木治療・根巻の手抜き処理と深植えで弱った樹木の再生(2…

PAGE TOP