移植した樹木の寒さ対策に「こも巻き」と「消毒」をしました

冬至の長く伸びた寒影に、一層寒さがつのります。 今日は川崎市内の保育施設に移植したスダジイに、こも巻きと消毒をしました。移植の際、細い住宅街を通過させるために、かなり小さく剪定してから運ばざるを得なかったために、かなり体力を消耗していたこのスダジイ。弱っているところに虫やダニなどが集まります。今はもう冬本番に入りますので、そこまで心配はいりませんが、念のために、こも巻きと消毒をしました。

スタッフ片岡

関連記事

  1. 【フジの治療】当社で治療中のフジの花芽が膨らんで来ました(2…

  2. GWイベント「さきたま緑道主催のツリークライミング」

  3. ライチ農場診断レポート 2022.6

  4. 帝京大学医学部附属溝口病院のソメイヨシノが満開になりました

  5. 樹木医学会誌に当社の取り組みが掲載されました!!

  6. 保育園に大きな樹木7本を移植しました

樹木医受験応援講座、早割実施中!

木風Facebookページ

PAGE TOP