樹木医の三種の神器(2017年12月)

樹木医の三種の神器を、社長から頂きました!
オリジナル仕様の名前入り、とっても嬉しいです…(;_:)

<樹木医の三種の神器>
①木槌(きづち)
②鋼棒(こうぼう、と読みます)
③ルーペ

<使い方>
①木槌は、木の幹を直接叩いて、空洞や腐朽かないかどうか診断します。医師でいう聴診器のようなものですね^^
②鋼棒は、土にさして土壌の固さを見たり、根や幹に軽く差して腐りがないか診断したりします。
③ルーペは、葉や幹の被害の状況や、細かい虫や線虫等を観察します。

一人前の樹木医になって、少しでも多くの樹の環境を改善させ、人にとって心地よい空間を作れるようになりたいです!
そうすることで、社長に恩返ししていけるように頑張ります!

(株)木風 片岡日出美
IMG_3499

関連記事

  1. 川崎の保育園のフジノキの剪定を行いました(2018年3月)

  2. 茨城県日立市の成澤鹿島神社の境内の約50本の樹木診断をして来…

  3. 渋谷のM幼稚園サクラのピカス診断の結果☆正確に診断できました…

  4. 都内の小学校シンボルツリーのクスノキ樹木治療をしました!

  5. 指定管理業務(さきたま緑道)ツリークライミング体験会を開催し…

  6. 保育園に大きな樹木7本を移植しました

PAGE TOP