大きな藤棚。フジの樹木治療の経過観察。千葉県市川市(2018年4月)

昨年、当社で樹木治療をさせて頂きまして、今年4月下旬ころにフジノキを見に行ってきました。

初年度の回復状況としては良かったかと思いますが、まだまだ課題は残ります。
房の長さは、約55㎝。
有名フラワーパークの大藤の房が150cmありますので、私達もそこを目標に頑張ります!!(‘◇’)ゞ

古来より日本人に大変ゆかりの深いフジ。外国人がわざわざ日本に見に訪れたいフジ。
樹勢回復をしっかり成功させて、1本でも多く樹木が元気に花を咲かせてくれますように。

IMG_6083
IMG_6078 IMG_6074 IMG_6066

(株)木風 片岡日出美

関連記事

  1. 加計呂麻島のデイゴの樹勢回復

  2. 【指定管理業務】新潟県五泉市市長と埼玉県行田市市長の懇話会(…

  3. 大泉学園にて、水道工事に伴う街路樹の診断調査を行いました(2…

  4. 東京都文京区湯島にてピカス診断を行いました(2018年7月)…

  5. 日本最大級の起業家&投資家募集サイト Founder にて起…

  6. 諸鈍デイゴの持続的保全プロジェクトレポート 2022.3

PAGE TOP