公園はみんなのもの

 先日、さきたま緑道を巡回していた時、ゴミ拾いをしながらウォーキングをしているご夫妻に出会いました。ウォーキングしている方は多いのですが、トングとビニール袋を下げて歩いている方は初めてお見かけしたので、声をかけたところ「365日ゴミ拾いをしています!」とのことでした。それだけでなく、植栽マスのお花に時々水やりもしているとのこと。

 公園のような公の場を自ら進んできれいにしようという気持ちにとても感銘しました。役所に任せっきりではなく、自分達で良くしていこうという気持ちが心地よい地域を作っていくに違いありません。特にコロナ禍の今、自分には何ができるのかを考えることは大切なことだなと思います。

 鴻巣市、行田市の皆さま、ありがとうございます!

関連記事

  1. さいたま市の国道沿い街路樹ケヤキの樹木診断をスタート

  2. 鎌倉樹ガーデンでの森林整備計画

  3. 在京熊本県人会に来賓出席いたしました

  4. 大量枯損の原因調査をしました

  5. 京都のお屋敷のクスベニヒラタカスミカメの防除の結果、かなり元…

  6. つくば市内のK様邸の樹木伐採を行いました(2018年3月)

PAGE TOP