一般社団法人日本樹木遺産協会 設立

この度、日本の素晴らしい樹木を守る為、樹木医後藤瑞穂は、一般社団法人日本樹木遺産協会を設立いたしました。

一般社団法樹木遺産協会は巨樹古木を守りたい樹の所有者様自治体等と樹を守る事で地域の繋がりを育み、自然を慈しむ豊かな心を繋るCSR活動を行いたい企業様を結びつけ、日本の巨樹古木を通して人々と自然を大切にする社会活動を行なっています。

今回は協会設立以前から行なっております認定及び診断イベントの第二回として、来たる12月11日に江戸川区一之江境川親水公園内の「抹香屋のタブノキ」のピカス診断イベントを行います。

詳しくは添付のチラシをご覧ください。お申し込みは電話で江戸川区になりますので、お手数おかけしますが、各自おかけになっていただけると助かります。

お申込み連絡先:江戸川区環境部水とみどりの課 調整係 03-5662-0320

協賛会社は大樹生命保険株式会社様です。

当協会では、今後も樹木を救う取り組みを拡大していきたく、スポンサー様を募集しております。

企業CSRやSDGs達成の事業として是非取り入れていただければと思います。

巨樹や古木の大切さを多くの方と分かち合えれば幸いです。

関連記事

  1. 徳島県で治療した瀕死状態のモチノキが回復してきました!

  2. 【樹木診断】埼玉県の国道にて街路樹診断をしました(2018年…

  3. さきたま緑道イベント報告「桜の守養成講座」

  4. 成田国際空港の緩衝樹林帯の調査

  5. 奄美デイゴ イベント報告

  6. ピカス診断レポート 佐野市クロマツ

樹木医受験応援講座、早割実施中!

木風Facebookページ

アーカイブ

PAGE TOP