さいたま市の小学校、トチノキのピカス診断

<小学校のシンボルツリー、トチノキのピカス診断>
埼玉県さいたま市内のとある小学校のシンボルツリー、トチノキが枯れかけているということでピカス診断に行きました。
ピカス診断とは、音波により樹木の断面の腐朽状態を調べる精密診断のことです。
診断してみると、断面の中心部から腐朽が広がりが確認でき、おそらく根株から進行しているものと思われます。
外観からも樹勢の衰退が明らかです。
市役所や学校、地域の方々と今後の対応を決めていくことになりますが、
小学校の校庭の中心なので、特に落枝の可能性が大きいため早急な対策が必要になります。

片岡

関連記事

  1. 公園(トイレ)の生態系

  2. 株式会社木風の新企画💘

  3. 樹木診断レポート 福島県塙町サクラ

  4. 【フジの治療】当社で治療中のフジの花芽が膨らんで来ました(2…

  5. 成田国際空港の緩衝樹林帯の調査

  6. 東京都北区のF様邸のお手入れをしました(2018年7月)

樹木医受験応援講座、早割実施中!

木風Facebookページ

PAGE TOP