鎌倉の森づくりエピソード 2015年7月

<鎌倉の森づくりエピソード>
鎌倉市内の山の「森づくり」をしました。古都鎌倉にふさわしい照葉樹林(自然植生)の森を、段階的に育成しています。
樹林の形成を阻害しているアオキやキブシ、ヤマグワ、つる植物などを必要に応じて取り除き、陰に隠れていた常緑実生の樹木に光が当たるようにして育成していきます。
中でも、アオキは枝の途中からでも根を出すほどよく増え、大木になったアオキには驚愕します。植物の力はすごいですね。
今日も真夏日でしたが、森の中での作業は思いのほか、涼しくて気持ちがいいものです☆

スタッフ片岡

 

関連記事

  1. 東久邇宮国際文化褒章を受章いたしました

  2. 樹木と緑化の総合技術講座

  3. アジサイを来年もよく咲かせるために☆

  4. 【樹木医みずほのピカス樹木腐朽診断】

PAGE TOP