樹木治療


診断結果に基づき、様々な治療を行いますが、特に重要なのは土壌の状態です。
樹木治療の中で土壌の物理性と科学性を改善はとても重要です。特に物理性の改善は効果が高いです。
土壌の通気透水性を高めるために、当社ではブレスパイプ(合同会社KOFU製)を使用しています。
根は呼吸していますので、管に充填された酸素剤が有効に働きます。さらに肥料分が土壌中に浸透し土壌微生物活性化し根が発達していきます。
最新のブレスパイプは吸収性も向上し、より土壌へ雨水(同時に酸素)が供給されやすくなりました。
そのほかにも、抜本的な対策としてアスファルト舗装の除去、より根が発達するように発根促進剤の塗布、踏固害を軽減させるために木道の設置などを行ってます。土壌改良は樹木治療の中で一番大事な治療です。

●PDF樹木治療に使用している土壌改良材「ブレスパイプ」販売中!

【 ブレスパイプのご購入はこちら

 

市川八幡神社の2年後はこちら↓ ブレスパイプの素晴らしい効果をご覧ください

breath-pipe

腐朽部処置 根系治療
剪定による樹形を整える作業で枯れ枝を除去して腐朽の広がりを抑えるようにします。切り口には殺菌を必ず行います。
空洞や、腐朽部の処置はシロアリの被害と重なることが多いので、木を傷つけないよう除去します。
その後殺菌乾燥を行い、空洞率や分布域の広さによっては殺菌剤を塗布するなどの処置を行います。根も同様に腐朽している箇所を除去し土壌改良を行います。


病虫害対策
病虫害は樹が弱ると発生します。木風では、根本的な問題から解説するようお庭全体の環境改善から取り組むのをお勧めしています。

樹には本来防御機能が備わっています。例えばチャドクガに食害されたツバキは、健康であれば虫の唾液と葉の成分が混ざり合って誘引物質が分泌されます。ハバチを呼びチャドクガを退治してもらうのです。サクラにつく蟻はイモムシヤ毛虫の若齢幼虫を食べてくれます。このように、虫は決して悪いことをしているわけではなく、自然生態系の中で重要な存在で、樹を守っていることもあるわけです。一時期に大量の虫が発生すると害虫となるわけですが、樹が健康でお庭が健全な状態であればほどい良いバランスを保つのです。木風ではすべてを駆逐するような虫害対策は行いません。虫と共存する対策を行います。

ただし、身体に悪影響が出る虫については薬剤散布を行うこともあります。

それから樹木を腐られる強力な菌類についてはその力を抑制するために殺菌剤を撒くことがあります。これは腐朽が進むと空洞化し樹が倒れやすくなり危険なため対処するものです。アリは菌糸を食べてくれるので、この腐朽対策においてもできるだけ温存するようにします。


環境整備
樹木は環境の影響を大きく受けます。アスファルトで根の周りを固めてしまうと通気透水性がなくなり根が枯死してしまいます。

土壌改良後も踏み固めると踏圧害となりますので、それを防ぐために木道を設置したりします。その環境に応じて適切な整備を行います。

支柱は立地場所によって、ワイヤー支柱などをする場合があります。

?

お気軽にご連絡ください

専用ダイアル 03-6380-7123

〇樹木診断・治療のご利用ガイドはこちらご依頼の流れ詳細

以下のフォームからお問合せいただけます!

下記からお選びください