最近のお仕事Tagged , ,

京都のお屋敷のクスベニヒラタカスミカメの防除の結果・かなり元気になりました!

Pocket

2017年の11月に、京都のお屋敷のクスノキ5本が弱っているとのことで診断を行い、クスベニヒタラカスミカメの被害であることがわかり治療しました。
そして、かなり元気になったと報告をもらいました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.11 Befor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47106573_125267525041180_9189829433194708992_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
2018.12 After

IMG_1782

IMG_0765

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11 Befor                                                         2018.12 After

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.11 Befor

IMG_0764 47167373_2246543195583520_8054864692931198976_n

 

 

 

 

 

2018.12 After

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2017.11 Befor

47220539_1750845378360680_7927767780189798400_n

 

 

 

 

 

2018.12 After

 

 

 

始めは何の被害かわからず困っていたそうですが、私が訪れた際に害虫そのものを見つけ、直接に被害を特定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クスベニヒラタカスミカメ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
クスベニヒラタカスミカメによる葉の食害

 

 

 

 

 

 

 

さらにクスノキは斜面を削った土地に大木のまま移植されており、30年ほどが経過しているところから、土壌の問題も大きいと考え土壌改良も行いました。
ブレスパイプを設置して、通気透水性を高めます。土壌灌注による液肥の灌注も重要です。
虫は、樹幹注入が効果的とは言われていましたが、それ以前に土壌の問題があり樹勢衰退していたのでまずはそれを改善するところから始めました。
治療の様子はこちらの動画をどうぞご覧ください。
http://u0u1.net/O53x

クスベニヒタラカスミカメは外来昆虫ですので、日本の薬剤で聞くものが限られておりさらに天敵がいません。

樹幹注入は樹にもリスクがありますし、まずは樹勢を良くして対抗できるようにしました。天敵も今後育つのを期待しています。
なので、酸性の電解水とカメムシに適用する殺虫剤の混合液を散布。

地元の造園業者さんとの連携で治療したのですが、おかげさまでかなり元気になっています。
舗装に囲まれた樹が一番大変です。治りも遅いです。土壌条件がいかに大切か物語っています。

今後も、薬剤散布と土壌灌注を定期的に行ってほしいです。
剪定はごく軽くにして欲しい。どうしても人は剪定したがるのですが、樹木にとってしたら必要のないことなので、最低限で行ってもらいたいです。

このお屋敷は「極道の妻たち2」のロケにも登場した立派なお屋敷です。
映画ではクスノキがモクモク茂っています。
当時に近づけられるようもう一息ですね。

京都の大平造園様、治療の施工ありがとうございます!