最近のお仕事

良質剪定・A邸ケヤキの大木の剪定(2015.10)


一昨年~昨年の仕事の投稿が滞っておりましたのでちょっとづつ掲載していきたいと思います。

 

大変大きな緑地をお持ちのお客様に相談されました。

樹木群に囲まれて手入れが大変とのこと。

特に大木は近隣との御関係でも落ち葉など気を遣うとのことです。

都市では大木の維持管理は大変ですよね。

でも、落ち葉が気になるからと言って、ズタズタに切ると枝が腐ってかえって大変なことになります。

こんな風に。

S__6258696

適切な透かしの技術で良質剪定を行うことが大事です。

剪定は樹木にとって基本的にストレスです。光合成を行う葉を失うわけですから栄養も作れなくなります。
危ないからと言ってむやみに切れば逆に危険が増すのです。
腐って取返しにつかないことになる前にどうぞご相談ください。

当社では樹木の自然樹形を大事にした透かし剪定を行い、大木の維持を行っています。

剪定前
IMG_7142

剪定後
S__6258695

 

こちらのお宅にはこのほかにも大木がございます。

このように緑地を維持される方には、税制上の優遇もしかり、積極的な支援が必要だと思います。

当社では、緑の管理技術に加え、連携しているNPO法人フォーエバーツリーネットワーク緑地の維持の意義についても精いっぱい社会に発信していきたいと思います。

大きな樹をこれからも大事にされたい方、どうぞご相談ください。